医学論文翻訳例

医学論文翻訳:顎関節障害に続発する開口障害をどう治療するか?

アブストラクト:
開口障害症は二次治療に現れる一般的な症状であり、その治療は主要原因に依存している。顎関節(TMJ)の最も一般的な鑑別診断には、疼痛に続発する筋痙攣、硬直性脊椎炎、修復不可能な脊椎前方転移、リウマチ様疾患、関節強直などがある。本論文ではこれらの症例について順次考察する。

はじめに:
開口障害症の治療は主要原因に依存しており、若年性の硬直性脊椎炎(ADP)や通常は準高齢者に多い修復不可能な脊椎前方転位(ADD)、高齢者の変性疾患などが含まれる。年齢に関係なく、リウマチ様疾患と関節硬直も発現することがある。全ての症例において一次治療では、臨床的所見とオルトパントグラム(OPG、例えば顎および歯の骨を画像化するX線技術など)によって関節や関節硬直部の崩壊が明快に示されない限り、休息や非ステロイド抗炎症剤(NSAID)やマウスピースなどを適切に受け入れるべきである。これらの治療に効果が無ければ、関節鏡検査や関節穿刺が、特に椎間板や関節の潤滑に関連した疾患に、効果を発揮する。関節鏡検査に失敗しても少なくとも診断は可能であり、さらなる治療のアドバイスも可能である。椎間板の位置と可動性を手術で矯正する必要は無くても、診断にはMRIを補完的に使う。診断的関節鏡検査によって椎間板が破損していたり関節の表面に損傷があったりすれば、あるいは症状に改善の兆しが無ければ、関節切開手術(椎間板切除、下顎頭shave、アミノプラスト術)が薦められる。関節硬直または関節の崩壊が起こり得るときは、3次元CTを利用することが関節の表面およびその下層構造を評価するには極めて有効である。関節置換が考慮され、また硬直細胞が内部に入り込んでいる場合は、血管イメージングが有用である。関節全置換は、切開手術や関節硬直治療やリウマチ様疾患の治療が効果を発揮しない場合の最後の手段である。中期的転帰は良好であるが、20歳を超えた場合の長期的転帰はまだ良く知られていないので、置換術は、英国国立臨床研究所(NICE)のガイドラインに従って、最後の手段としてのみ使用されるべきである。
二次治療に進む患者で切開手術が制限されている(開口障害)患者は、主要原因が関節にあるのかそれとも関節外にあるのかを判断するために全身の臨床検査を受けなければならない。後者(関節外の原因)には、筋痙攣に続発する伝染性のまたは炎症性の原因が含まれる。疼痛、拘束、ロッキング、関節音などの病歴があったかも明らかにしなければならない。他の関節の症状が含まれることがあるので、頭部や頸部の局部的問題、または他の全身的疾患も検査しなければならない。検査には各関節の動きの評価、開口および側方偏位の測定、筋痙攣の触診、関節音、圧痛などが含まれる。側方偏位の評価は、上関節腔内で動きがあるかどうかを確認するために有益である。もし動きがあれば、反対側の動きのロスがあるということである。

新刊のご案内

祝アクセプト

December

I先生祝アクセプト(薬学)

November

A先生祝アクセプト(緩和ケア)

I先生祝アクセプト(姿勢制御)

September

T先生2回目の祝アクセプト(理療法)

T先生祝アクセプト(教育)

July

N先生祝アクセプト(生物)

Jun31:T先生祝アクセプト(保健)

Jun01:I先生、祝アクセプト!

アクセプト論文掲載(薬学論文1)

アクセプト論文掲載(薬学論文2)

Oct28:FBページ更新(皮膚科論文)

Oct23:FBページ更新(皮膚科論文)

Oct10:FBページ更新(Twitterログ)Oct01:FBページ更新(Twitterログ)

Sep20:FBページ更新(Twitterログ)

Sep09:FBページ更新(腫瘍学論文)

Aug30:FBページ更新(皮膚科論文)

Aug11:投稿論文アクセプト!

Aug01:FBページ更新(糖尿病論文)

July25:FBページ更新(産婦人科論文)

July18:医療通訳士協議会

July13:FBページ更新(産婦人科論文)

July11:ドストエフスキー講座受講

 

 

Let's tweeet

Facebook Page

ワンランク上の翻訳
+
ネイティブ発想の翻訳

アクセプトされる翻訳

Welcome to English HP

お問い合わせ

TEL:090-5902-8620