医学論文翻訳例

妊娠中のビタミンB12と葉酸濃度、及びその子供のインスリン耐性:プネー母体栄養状態研究

アブストラクト
目的・仮説
2型糖尿病の危険因子の母体血漿総ホモシステイン(tHcy)濃度が高いと、生まれてくる子供の身体サイズは小さいと予測される。我々は、妊娠中の母体ビタミンB12と葉酸とtHcy状態の関係、及び6歳時の子供の脂肪状態とインスリン耐性の関係を研究した。
方法
プネー母体栄養状態研究から、6つの村の700人の妊婦を適格被験者として選んだ。そして母体栄養摂取状態と、葉酸、ビタミンB12、tHey、及び妊娠18週目と28週目のメチルマロン酸(MMA)の各血中濃度を測定した。これらは子供の6歳時点の身体測定、身体組成((二重エネルギーX線吸収測定法)、インスリン耐性(インスリン耐性のホメオスタシスモデル評価[HOMA-R])などに関係していた。
結果

母親の3分の2のビタミンB12濃度が低く(<150 pmol/l)、90%のMMA濃度が高く(>0.26 μmol/l)、30%のtHey濃度が上昇(>10 μmol/l)した。赤血球葉酸濃度が低い患者は1人だけであった。6歳児は背も低く痩せているが、英国の標準と(皮下脂肪の)比較をすると脂肪体質であった。妊娠28週目の母体赤血球葉酸濃度が高ければ、生まれてくる子供が脂肪体質であること、またHOMA-Rが高いことを予測することができた(ともにp<0.01)。母体ビタミンB12濃度が低ければ(18週目、p=0.03)、子供のHOMA-Rが高いことを予測できた。葉酸濃度が高くしかもビタミンB12濃度が低い母親の子供は、インスリン耐性が非常に高かった。

医学論文翻訳例8へ                                                          医学論文翻訳例10へ→

新刊のご案内

祝アクセプト

December

I先生祝アクセプト(薬学)

November

A先生祝アクセプト(緩和ケア)

I先生祝アクセプト(姿勢制御)

September

T先生2回目の祝アクセプト(理療法)

T先生祝アクセプト(教育)

July

N先生祝アクセプト(生物)

Jun31:T先生祝アクセプト(保健)

Jun01:I先生、祝アクセプト!

アクセプト論文掲載(薬学論文1)

アクセプト論文掲載(薬学論文2)

Oct28:FBページ更新(皮膚科論文)

Oct23:FBページ更新(皮膚科論文)

Oct10:FBページ更新(Twitterログ)Oct01:FBページ更新(Twitterログ)

Sep20:FBページ更新(Twitterログ)

Sep09:FBページ更新(腫瘍学論文)

Aug30:FBページ更新(皮膚科論文)

Aug11:投稿論文アクセプト!

Aug01:FBページ更新(糖尿病論文)

July25:FBページ更新(産婦人科論文)

July18:医療通訳士協議会

July13:FBページ更新(産婦人科論文)

July11:ドストエフスキー講座受講

 

 

Let's tweeet

Facebook Page

ワンランク上の翻訳
+
ネイティブ発想の翻訳

アクセプトされる翻訳

Welcome to English HP

お問い合わせ

TEL:090-5902-8620