医学論文翻訳例

看護学論文:高齢者の孤独と運動低下率:ラッシュ大学記憶と加齢プロジェクト地域密着型コホート研究

背景:

運動機能の喪失は老化の結果としては一般的であるが、健康に有害な影響与えることがある[1-5]。高齢になって特定の運動能力を損なうと、筋力、筋量、バランス感覚、機敏さ、歩行速度などの多くのものを、たとえ大病をしなくても、失うことになる[6-8]。2030年までに、アメリカ人の20%(約7200万人)が65歳以上となり[9]、80歳以上のアメリカ人(最も急成長の母集団)の40%以上が何らかの運動機能を喪失する[10]。加齢に関連する運動機能低下の危険因子を特定することは、急速に高齢化する人々の運動機能障害を軽減するための治療的介入を合理的に開発する重要な第一段階である。
運動障害が残ることが分かっている一般的な病気の危険因子としては脳卒中が良く知られているが、高齢者に特発する運動能力低下の危険因子はほとんど特定されていない。また身体活動が運動能力にもたらすメリットが良く認知されるにつれて[11-14]、高齢者が健康的に年を重ねるためのライフスタイルと心理社会的要因の重要性に対する認識がますます高まっている[15,16]。高齢期に入って社会的活動と関わりを持つことが長寿や痴呆予防につながり、一人でいることが運動能力急速な低下や身体障害につながるということが社会的に益々認知されるようになってきた[15-18]。
最近の研究によれば、一人でいることだけでなく、孤立感すなわち孤独感を抱えていることも、睡眠や免疫反応、身体活動の程度、認知、アルツハイマー氏病のリスクなどまでも含めた広い意味での運動機能に決定的な影響を与えるようだ[19-23]。これらの報告によると、一人でいることだけでなく孤独を感じていることが高齢者の運動機能の低下に関連している可能性があるという。孤独感は、運動機能低下を招く炎症や心血管疾患などの他のプロセスのマーカーになり得る。孤独感は運動機能低下の因果リスク因子なのかもしれない。例えば、孤独感は不良な自己管理と関連があるので、運動低下や食習慣の変化などの行動変容につながる可能性があり、それが結果的に運動機能低下につながることがある[24]。さらに、社会的行動と運動行動の間の機能的かつ構造的関連に加えて、社会活動的身体活動も、神経可塑性を向上させ組織障害を防ぐことで運動機能の向上に貢献できる可能性がある[25]。このような報告があるにもかかわらず、孤独感を感じていたり他者から分断されていたり社会的交流に不満があったりすることが高齢者の運動機能の低下に関連しているかどうかについては、現在のところほとんど分かっていない[23,24,25]。

新刊のご案内

祝アクセプト

April
M先生祝アクセプト(泌尿器)

December

I先生祝アクセプト(薬学)

November

A先生祝アクセプト(緩和ケア)

I先生祝アクセプト(姿勢制御)

September

T先生2回目の祝アクセプト(理療法)

T先生祝アクセプト(教育)

July

N先生祝アクセプト(生物)

Jun31:T先生祝アクセプト(保健)

Jun01:I先生、祝アクセプト!

アクセプト論文掲載(薬学論文1)

アクセプト論文掲載(薬学論文2)

Oct28:FBページ更新(皮膚科論文)

Oct23:FBページ更新(皮膚科論文)

Oct10:FBページ更新(Twitterログ)Oct01:FBページ更新(Twitterログ)

Sep20:FBページ更新(Twitterログ)

Sep09:FBページ更新(腫瘍学論文)

Aug30:FBページ更新(皮膚科論文)

Aug11:投稿論文アクセプト!

Aug01:FBページ更新(糖尿病論文)

July25:FBページ更新(産婦人科論文)

July18:医療通訳士協議会

July13:FBページ更新(産婦人科論文)

July11:ドストエフスキー講座受講

 

 

Let's tweeet

Facebook Page

ワンランク上の翻訳
+
ネイティブ発想の翻訳

アクセプトされる翻訳

Welcome to English HP

お問い合わせ

TEL:090-5902-8620