英文学論文翻訳:イギリス文学と教会

I 英国におけるキリスト教

キリスト教の英国への伝播は、ベーダの『イングランド教会史』などの歴史的記録に記されているような単なる遠い過去の出来事ではなく、現在にまで存在し続ける厳然たる事実でもある。それは書物や建造物の中、代々キリスト教徒である人々の心の中に年月を超えて生き続けている。このような書物を読んだり建造物を訪れたりすると、ある魅力に心を引き寄せられる。そのシンプルな魅力の背景には、当時のキリスト教徒によって、そして現代のキリスト教徒によっても大切に守られてきた意味があり目的がある。このように「暗黒の過去と絶望の狭間」を見ることは、単に過去を知ることではない。現在を理解することでもある。いや、むしろ、過去を知ることによって現在を理解すること、すなわち、「温故知新」である。

 英国の歴史の始まりまで戻ってみると、英国の原始異教徒としての背景は謎に包まれたままである。田舎の方々に、円形に並べられた奇妙な岩の造形物を目にする。ケズウィックやロールライトなどがそうであり、もっと有名なところではストーンヘンジがある。これらが、キリストが誕生する千年も前から、宗教的信仰に用いられたものであることに疑う余地はない。おそらく元々は有力者の墓地であり、その後宗教的目的に使用されるようになったのであろう。神のみぞ知る、である。周りを見晴らす丘の上や台地にあって、四方から吹いてくる天の風を受ける様は神秘的かつ印象的である。ハーディの『ダーバヴィル家のテス』の中では、ストーンヘンジが「まさに風の寺院」と描写されている。シェークスピアは、キリスト誕生の800年前が舞台の悲劇『リヤ王』の中一節、「太陽の穢れなき光の矢に、魔女ヘカティの秘宝と夜の暗黒に賭けて、我々人間の生死を司る天空の星の働きに賭けて誓っていう…」の中で、自然の持つ宗教性に思いを馳せている・・・

新刊のご案内

祝アクセプト

December

I先生祝アクセプト(薬学)

November

A先生祝アクセプト(緩和ケア)

I先生祝アクセプト(姿勢制御)

September

T先生2回目の祝アクセプト(理療法)

T先生祝アクセプト(教育)

July

N先生祝アクセプト(生物)

Jun31:T先生祝アクセプト(保健)

Jun01:I先生、祝アクセプト!

アクセプト論文掲載(薬学論文1)

アクセプト論文掲載(薬学論文2)

Oct28:FBページ更新(皮膚科論文)

Oct23:FBページ更新(皮膚科論文)

Oct10:FBページ更新(Twitterログ)Oct01:FBページ更新(Twitterログ)

Sep20:FBページ更新(Twitterログ)

Sep09:FBページ更新(腫瘍学論文)

Aug30:FBページ更新(皮膚科論文)

Aug11:投稿論文アクセプト!

Aug01:FBページ更新(糖尿病論文)

July25:FBページ更新(産婦人科論文)

July18:医療通訳士協議会

July13:FBページ更新(産婦人科論文)

July11:ドストエフスキー講座受講

 

 

Let's tweeet

Facebook Page

ワンランク上の翻訳
+
ネイティブ発想の翻訳

アクセプトされる翻訳

Welcome to English HP

お問い合わせ

TEL:090-5902-8620